このサイトでお伝えしたいことは次の3つです。

 1.「住む場所で人生が決まる現実」にどう向き合うか?

 2.移住の最大の障害は新たな仕事の確保

 3.持ち家を賃貸や売りに出すとき便利なサービスとは?

 

ある著名人のセリフです。

 

人生の大半は住む場所で決まってしまう。だから、どこに住むかということは大変重要である」。

「人生戦略の上で自分にとって有利な場所を、引越しも辞さない覚悟で考えてみよう」。

 

この意見に同意し、移住を考えたとき、一番のネックは仕事の確保です。

 

最大の障害は移転先での新たな仕事

 

確かに都会から地方へ移住したとき、新たに仕事を見つけることは難しい。

 

しかし、今は地方への移住希望者と地元の企業をマッチングするサービスも登場し、地方への移住のハードルも下がってきています。

 

それから既に自宅を所有している場合、持ち家をどうするかです。

 

賃すか売るか」を決めなければなりません。

 

【持ち家の場合の課題】は賃貸に出すか?売却するか?

 

賃貸に出したとして借り手が現れるのか?売り出したとして売れるのか?

 

その不安を解消してくれるサービスがあります。

 

持ち家を手放さず、賃貸に出すときの画期的なサービスとは?

 

借り手がなかなか現れないと空き家になってしまいます。

 

そんな時に便利なのが【アキサポ】で、不動産を生まれ変わらせ、借り手を見つけてくれます

 

貸し手が費用負担することは一切なく、一定期間活用して手元に戻せるので、愛着ある自宅を手放さずに済みます

 

持ち家を手放すとき、遠回りしないで済むサービスとは?

 

持ち家を手放すとき、遠回りしない方法があります。それは【不動産査定】サービスの利用です。

 

私は自宅の売却に二度挫折し、売却を果たすまでに数年かかってしまいました。

 

三度目は不動産査定の【イエイ】を利用し、1ヶ月もしないうちに言い値で売却することができました。

 

目次

 

1.【住む場所で人生が決まる現実】にどう向き合うか
2.移住の最大の障害は新たな仕事の確保
3.持ち家を賃貸や売りに出すとき便利なサービス
4.まとめ 

 

※上記項目をクリックすると該当箇所に飛びます。

 

 

【住む場所で人生が決まる現実】

にどう向き合うか

 

 

 

冒頭の『著名人』とは勝間和代さんです。

 

『勝間和代が徹底的にマニアックな話をするYouTube』の動画の【住む場所で人生は決まる】の中でお話されています。

 

 

自分の人生をより良いものにしたければ、移住も一つの選択肢

 

私達はたまたま住んだところで懸命な努力をしようとし、住む場所については無頓着な傾向があります。

 

でも実は住む場所の気候や経済状態、職業環境や住人などにより人生の大半が決まってしまうのです。

 

努力の有無より住む地域で差が出ます

 

自分がたいした努力をしなくても成果が上がりやすい地域があるし、逆にどんなに努力をしてもなかなか成果の上がらない地域があります。

 

有利不利を変えたいと思ったら、一つの手段は思い切って引越しをすることです。

 

自分が望む環境に近い場所に引越すことで、自分に合った気候、より良い勤務地を手に入れることができます。

 

「自分の人生戦略の上で、自分の住む場所としてより有利なところを考えてみたら良いと推奨しています。

 

 

何処に住めば有利か【都会か田舎か】

 

住む場所で有利なところは人により様々です。

都会志向の人もいれば、田舎に住みたいという人もいます。或いは海外で暮らしたいという人もいるでしょう。

 

 

都会志向の人は「収入を上げたいとか好きな仕事に就ける、演劇やスポーツの観戦を日常的に楽しみたい、美味しいものを買ったりお洒落なレストランで食事したい、徒歩でも色々な所に行ける、流行りのものに囲まれたい、一度は東京に住んでみたい」などが理由でしょうか。

 

 

田舎で暮らしたい人の理由は「人ごみから逃れたい、ストレスから解放されたい、きれいな空気を吸いたい、広々とした所で生活したい、自然に囲まれて過ごしたい、のんびり暮らしたい、自然に囲まれた環境で子供をのびのび育てたい、家庭菜園を作って新鮮な野菜を食べたい、夜空に広がるきれいな星を見たい、色々なものの価格が安い」などでしょうか。

 

 

移住の最大の障害は新たな仕事の確保

 

 

移住を決断した時にやらなければならないこと

 

 

移住を決断した時にやらなければならないこと、それは「家族の同意」「新たな土地での仕事の確保」「現在の住まいの対処」です。

 

家族がいる場合、同意がなければ前に進みません。移住には家族の同意が不可欠です。

 

「人生をより良くするために転居したい」と家族を説得し、賛同を得てからのことになります。

 

地方で移住希望者と地元の企業をマッチングする動きが活発に!

 

 

移住したいとしても、一番のネックは仕事です。都会から地方への移住となると、新たな仕事はそう簡単には見つかりません。

 

でも最近は地方でも、移住希望者と地元の企業をマッチングする転職支援の動きも活発になってきました。

 

例えば、山形県庄内地方で移住希望者と地元の企業をマッチングする「ショウナイズカン」です。

 

最近は会員登録して庄内地方で仕事を探したい人が急増しているとのこと。

 

ある人は関東のスーパーから酒田市のスーパー「といちや」へ、またある人は栃木県の建築会社から鶴岡市の「成澤鉄工所」へ転職し、希望していた出身地へのUターンを実現しました。

 

庄内で働きたい。庄内で暮らしてみたい。そんな想いをつなげるのが【ショウナイズカン】です。

>>> ショウナイズカン

 

これから日本全国至る所で、同じようなことが増えていくのではないでしょうか。

 

 

持ち家を賃貸や売りに出すとき

便利なサービス

 

自宅が持ち家の場合、賃貸に出すか、売却するかを決めなければなりません。

 

そういう時に便利なサービスがあります。

 

貸す場合にひと手間加える画期的なサービスを展開している【アキサポ】、そして売却する時に頼もしい不動産査定サービス【イエイ】です。

 

持ち家を手放さず、賃貸に出すときの画期的なサービス

 

 

持ち家を賃貸に出して借り手が現れないとき、頼りになるのが【アキサポ】です。

 

「アキサポ」 が借り受け、最もその場所に合った活用方法見つけます。

 

個人の住宅を「街カフェ・シェアオフィス・レンタルハウス・トランクルーム」などにリノベーションしたり、企業の社宅や公民館、学校施設などの空き物件を、オフィスや店舗などに改修した実績があります。

 

不動産所有者が費用を負担することなく家を改修できる上、定期借家契約終了後は手元に戻ります

 

愛着ある自宅を手放したくない人には、とても良い活用法です。

 

このサービスの対応エリアは現在、一都三県(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県)が中心ですが、2021年6月、各地の空き家事業者と提携する「アキサポネット」を本格始動すると発表しました。

 

これから日本全国の空き家問題の解決に取り組んでいくとしています。

 

公式サイトはこちら
>>> 空き家活用サポートサービス【アキサポ】

 

 

持ち家を手放すとき、遠回りしないで済むサービス

 

 

冒頭で述べたように、売却に成功した最大の理由は、【不動産査定】を利用して不動産会社6社と契約を結んだからです。

 

6社の販売網はやはり大きいと実感しました。売り出すと、売れるのか売れないのか不安を感じる間もなく、1ヶ月もしないうちに売れました。

 

それから高く売ることもできました。

 

6社の査定金額は最低3250万円、最高3838万円。差額は588万円もあり、平均は3566万円です。

 

平均より少し高い3680万円で売り出すと、言い値で売れました。

 

不動産査定サービス【イエイ】を利用して大正解でした。

 

【不動産査定】サービスの利用は簡単です。

 

 

 

こちらが入力した情報に興味を持った不動産会社から連絡が入ります。

 

不動産会社を探す手間が省け、査定額を確認してから売却を止めても構いませんし、契約は1社でも複数社でも自由です。

 

不動産査定サービス【イエイ】の特徴

 

 イエイは創業10年、1700社以上の厳選会社から選んで、悪徳企業は徹底排除しています。

 最短60秒で一括査定依頼ができ、利用者数は400万人を突破。

 お悩みを全て解決する万全のサポート体制を用意し、お断り代行サービスも実施しています。

 最初から最後まで完全無料で、24時間年中無休で受付中です。

 

公式サイトはこちら

<<<  https://sell.yeay.jp/

 

 

まとめ

 

 

住む場所で人生は決まる

 

『勝間和代が徹底的にマニアックな話をするYouTube』はこちら
>>> 【住む場所で人生は決まる】

新天地で仕事を確保する

 

山形県庄内地域で仕事を探す
>>> 【ショウナイズカン】

持ち家を手放さず活用する

持ち家を手放さず活用する

 

【持ち家の活用法 】詳しくはこちら

>>> 空き家活用サポートサービス【アキサポ】

 

持ち家を遠回りせずに売却する

 

複数の不動産会社から査定額を提示してもらう

>>> 不動産査定【イエイ】

 

 
住む場所で人生が決まるという現実があります。

 

地方に移住するとき、最大のネックは仕事ですが、今は多くの地域で移住希望者と地元の企業をマッチングする動きが活発になっています。

 

既に自宅を所有している人に便利なサービがあります。

 

借り手が現れないとき、売却をいち早くしたいときに便利なサービスもあり、転居のハードルも低くなってきています。

 

自分の人生戦略上、どこに住むのがより有利か、考える時期にきていると言えます。

 

 

運営者情報 | プライバシーポリシー  | お問い合わせ